2013年05月04日

tyrannosaur

思秋期

監督 パディ・コンシダイン
出演 ピーター・ミュラン/オリヴィア・コールマン/エディ・マーサン

イギリスの映画。
アメリカ映画では、こういうの無いですね〜。








< ↓ ネタばれ注意 >

後半は悲しいですね。 

まあ、そのあと、希望の光も垣間見える。。。

「完璧な人間などいない」・・・そうですね。。。



posted by うちち at 19:49| Comment(0) | 日記

Oranges and Sunshine

社会派で知られるイギリスの名匠ケン・ローチの息子ジム・ローチが長編初監督を務め、イギリスで1970年まで行われていた「児童移民」の実態を明らかにした女性マーガレット・ハンフリーズの物語を描いたドラマ。ノッティンガムで社会福祉士として働くマーガレットはある日、幼い頃に子どもだけで船に乗せられオーストラリアに送られたという女性に出会う。そのことから、英国が児童施設などに入った子どもたちを福祉の名の下に密かにオーストラリアに送っていたことが判明。オーストラリアに送られた子どもたちを待ち受けていたものとは……。主演は「奇跡の海」「ほんとうのジャクリーヌ・デュ・プレ」のエミリー・ワトソン。

1970年まで行われていたとは・・・衝撃を受けました。

協力的なご主人、職場ですんなり応援を受けられるシーンや、最初に赤ちゃんを取り上げるシーンなどが心に残りました。


posted by うちち at 19:49| Comment(0) | 日記

2013年01月18日

BOTTLE SHOCK

ボトル・ドリーム カリフォルニア ワインの奇跡

深夜放映されていた映画、久しぶりに面白かったです。

実話だそうです。
1976年フランスのブラインド・テイスティングにて、まさかのカリフォルニアワイン1位獲得!(史上初とのこと。)というストーリー。

久しぶりにビル・プルマンを見ました。
昔「インディペンデンス・デイ」で大統領を演じていたのがわからないほどでした。
それにロマコメ映画の主役などもしていたのですが・・・お互い年を重ねましたなぁ・・・。

クリス・パイン、アラン・リックマン・・・

監督はランドール・ミラー。
彼の映画「プロフェッサー(Nobel Son)」は、アラン・リックマン主演。
・・・とても見たくなりました。
















posted by うちち at 14:16| Comment(0) | 日記

2012年08月23日

w.

深夜放映されていた「ブッシュ」

監督:オリバー・ストーン
出演:ジョシュ・ブローリン、エリザベス・バンクス、ジェームズ・クロムウェル・・・







ジョッシュ・ブローリンをはじめ、ライス補佐官役のサンディ・ニュートンらが、メークや演技によって、とても良く本人たちに似せてあり、感心しました〜。








↑ 本当はイケメンのジョッシュ・ブローリン






posted by うちち at 07:37| Comment(0) | 日記

2012年04月29日

Purely Belter

シーズンチケット Purely Belter

これも深夜、民放で放映されていた作品。

素朴なイギリス映画、いつも しみじみ いいです。

イングランド北部ゲーツヘッドの貧しい街。
15歳のジェリーと17歳のスーエルは学校にも行かず、悪さばかりをして毎日を過ごしている。
貧しくつらい現実を生きる2人の夢は、ごひいきの地元サッカーチームの試合をいつでも生で観戦することができるシーズンチケットを手に入れること…。











↑ 主役のクリス・ベアッティくん

posted by うちち at 10:49| Comment(0) | 日記