2016年02月23日

Born on the Fourth of July

7月4日に生まれて    

<ウィキペディアより>

1989年制作のアメリカ映画。ロン・コーヴィックの同名の自伝的小説を映画化した作品で、ベトナム戦争を扱った戦争映画。

オリバー・ストーン監督。トム・クルーズ主演。

1989年のアカデミー賞において、監督・編集の2部門を受賞。

トム・クルーズは役作りのため、約1年間車椅子に乗って生活した。


                         <引用おわり>




・・・へ〜、1年間、役作りしたのですね。


ここぞという場面で流れるジョン・ウィリアムズのスコアのすばらしさもあいまって、涙が止まりません。

受賞は逃しましたが、作品賞、主演男優賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞、録音賞にノミネートされています。

今日、改めて、この映画を観ました。(なんと26年ぶりですが、)トム・クルーズが素晴らしかったです。
改めて主演男優賞をあげたかったですね。

でも、この年は(1990)・・・ダニエル・デイ=ルイス (マイ・レフトフット)でした。
実在した脳性麻痺で左足しか動かすことのできないクリスティ・ブラウンさんの役でした。

ゴールデングローブ賞の方は、トム・クルーズが男優賞(ドラマ部門)をとりました。



この映画のスコアもジョン・ウィリアムズでしたか〜。
息子がスターウォーズやハリーポッターのスコアが好きですから、最近ジョン・ウィリアムさんはひっそりとマイブームです。現在なんと84才です。

バック・トゥ・ザ・フューチャーも好きですが・・・こちらの方は・・・アラン・シルヴェストリさん作曲ですね。


話をもどして・・・
著名な映画評論家のジョナサン・ローゼンバウムは批判的です。
「B級映画につきものの陳腐な結末、至る所にちりばめられたわざとらしい盛り上げシーン、障害者となり人生に絶望したベトナム帰還兵のトラウマが自伝を著し有名人になっただけで克服できるという嘘くさいメッセージ」と言っています・・・

多少わざとらしくても、許せる。

オリバーストーン監督は、自身がベトナム帰還兵であり、実体験を生かし、ベトナム戦争とそれが人間に与えた影響を人々へ伝えようとしています。
政府や政治の腐敗・欺瞞・矛盾を痛烈に批判しています。

ロンコビック氏とオリバーストーン監督の気持ちがひしひしと伝わってきて、素晴らしい作品だと思います。








posted by うちち at 15:35| Comment(0) | 日記

2015年10月15日

Dans la maison (英題: In the House )

危険なプロット


<↓ウィキペディアより↓>
2012年のフランスのサスペンス映画。
フアン・マヨルガ(スペイン語版)の舞台劇『El chico de la ultima fila』を原作としたフランソワ・オゾン監督による作品。

日本では、2013年6月21日にフランス映画祭2013のオープニング作品として『In the House(英題)』の題名で上映された。


2012年、サン・セバスティアン国際映画祭では最高賞であるゴールデン・シェル(英語版)と審査員賞(脚本賞)[3]を、第37回トロント国際映画祭では国際映画批評家連盟賞のスペシャル・プレゼンテーションを受賞した。また、エルンスト・ウンハウアー(英語版)が第18回リュミエール賞(フランス語版)の最優秀新人男優賞(フランス語版)を受賞している。



高校の国語(フランス語)教師ジェルマンは、新年度が始まり、新たな生徒たちをクラスに迎える。学校では新年度から生徒に制服が導入されていた。ジェルマンは生徒たちに週末の出来事を作文に書く課題を出す。

ジェルマンは自宅で、妻で画廊経営のイギリス人ジャンヌに、生徒たちが提出した作文がどれほど退屈なものか読み聞かせ始めた。しかし二人は、その中に文才のある生徒クロードを見つける。

その作文には、数学が苦手なクラスメイトのラファに勉強を教えるため、彼の家に行った際に見聞きしたことが書かれていた。他人の家を覗き見るような悪趣味なものであったが、続きが気になってしまう文章に二人は惹かれていく。

ジェルマンは次の授業でクロードに続きを提出させる。何度も続きを提出させるうち、ジェルマンは一対一でクロードに小説の書き方を教える課外授業を学校でするようになる。次第にクロードが書く文章は虚実が入り交じり、より危険なものへと変わっていく。









エマニュエル・セニエさん、1992年の「赤い航路」(Bitter Moon)が印象深いですが、変わらず綺麗です。夫のロマン・ポランスキー監督作品である「赤い航路」は、かなりいい出来だなと、当時うなった記憶がありますが、内容はほとんど忘れてしまってました。ヒュー・グラントやクリスティン・スコット・トーマスが出演していたとは、記憶から完全に消え去っていましたが、エマニュエル・セニエだけは強烈に記憶に残っています。また見たいです。













posted by うちち at 12:58| Comment(0) | 日記

HOMELAND

<ウィキペディアより>

『HOMELAND』は、ハワード・ゴードンとアレックス・ガンザによりアメリカ合衆国のテレビ用に制作されたドラマ・スリラーシリーズであり、ギデオン・ラフが制作したイスラエルのシリーズ[1]『Hatufim』(戦争の囚人)の設定に基づいている。



全体に流れるジャズがいいし、クレア・デインズ、ダミアン・ルイスの凄い熱演に感動しました。
思わず過去の出演作品「ドリームキャッチャー」(Dreamcatcher)(2003年)を見直しました。
ジェームズ・ポンド役候補にも挙がっています。



クレア・デインズは、あまり好みの俳優さんではなかったのですが、一気に好きになりました。イギリス出身のイケメン俳優、ヒュー・ダンシーと結婚して、現在4歳になる子がいるなんて・・・。これからも仲良くしてくださいね。 
おっと、クレア演ずるキャリー・マティソンも「ホームランド」の中でクイン(イギリス出身イケメンのルパート・フレンド)から愛されていますね。モテモテです。



F・マーリー・エイブラハムが出演すると、作品の格があがります。なんと77歳!
彼は、やっぱりアントニオ・サリエリ役(アマデウス「Amadeus」)が印象的です。アカデミー主演男優賞を獲得しました。







ダミアン・ルイスにそっくりの赤ちゃん。似ている子をさがしたんでしょうね。



美しいモリーナ・バッカリンが奥さんを演じたのも、正解でした。美しいので、愛人役やエイリアン役も多かったようですね。



































<ウィキペディアより>
シーズン1

アルカーイダとのアメリカ国内での戦いが描かれる。

CIAの作戦担当官キャリー・マティソンは、イラクで内通者からアメリカ人戦争捕虜がアルカーイダによって転向させられたとの情報を得る。だが命令違反の作戦を実行したため保護観察下に置かれ、バージニア州ラングレーのCIAテロ対策センターへ異動となる。上司であり、過去に不倫関係のあったテロ対策センター指揮官デビッド・エスティースが、緊急のブリーフィングのためにキャリーを呼び出し、8年間行方不明であったアメリカ海兵隊軍曹ニコラス・ブロディが、テロリストのアブ・ナジールのアジトから救出されたことを告げる。キャリーは、ブロディが転向した戦争捕虜であると信じるようになる[5]。

しかし、連邦政府とCIAはブロディは戦争の英雄として見る。ブロディを監視下に置くために上司を説得することは殆ど不可能と考えたキャリーは、信頼できる唯一の??人物であるソール・ベレンソンに近づく。アメリカ国内での第2のテロ攻撃を防止するため、二人は力を合わせてブロディの調査に当たることになる。

シーズン2

引き続きアルカーイダとのアメリカ国内での戦いが描かれる。

シーズン1終了から6ヶ月がたっている。イスラム政治組織ヒズボラのメンバーの妻であり、CIAの元情報提供者であった女性ファティマから、アメリカへのテロ攻撃の情報を持っているとの知らせがCIAに入る。しかし彼女は、元トレーナーで信頼するキャリーにしか情報を提供しないという。CIAを辞め、語学学校の教師をしていたキャリーはソールやエスティースに説得されファティマと会うためレバノンへ向かう。 一方ブロディは下院議員に選出され、さらに副大統領ウォルデンから、彼の大統領選への支援を頼まれる。政府の中枢へ入る機会を得たブロディのもとに、テロリストの一味でジャーナリストのロイヤ・ハマディが現れ、アブ・ナジールとの約束を果たすように迫る。同時に、キャリーがCIAに復帰したことを知る。 ブロディは、アブ・ナジールとの約束、国会議員としての立場、キャリーやCIAとの関係、家族との軋轢の中で苦悩する。

シーズン3

イランの諜報組織とのアメリカ国内での戦いが描かれる。

テロから2カ月後、壊滅的な打撃を受けたCIAは解体の危機に瀕している。事態を重く見たソールや同僚ダール・アダールはキャリーの病気や彼女とブロディとの関係を議会の委員会で暴露する。これを自分へ罪をなすりつけることによってCIAを守ろうとする陰謀だと考えたキャリーは必死に抵抗するが、危険人物として精神病院に入れられてしまう。一方ブロディは、国外へ逃亡し、身動きの取れない生活を強いられている。ブロディの家族は経済的および精神的に追い詰められている。だがキャリーの苦境は実はイランの諜報組織の幹部をおびき寄せるための秘密作戦であり、ブロディを含めた一大作戦へとつながっていく。

シーズン4

主な舞台をパキスタンに移し、ターリバーンとの戦いが描かれる。

キャリーは娘を姉に預けてアフガニスタン支局長として赴任しており、ソールはCIAを退職して民間警備会社の幹部となっている。パキスタン支局長からの情報提供で、CIAはターリバーン幹部を空爆する。だが多くの民間人が巻き添えとなり、CIAは政治的な打撃をこうむる。事態収拾のため、キャリーはパキスタンに飛ぶが、怒る群衆にパキスタン支局長は殺されてしまう。パキスタン支局長として転任したキャリーは、駐在していたクインと協力して調査を進めるが、空爆の失敗は巧妙に仕組まれた罠であったこと、軍統合情報局がターリバーンと通じていることが明らかになっていく。



配役はまずクレア・デインズが2010年11月に決まった。デインズは「自分自身の心理的な悪魔と戦う献身的なCIAエージェント」 キャリー・マティソンを演ずる。
次に「賢く政治に精通したCIA部門長で、キャリーの指揮系統の上位で、ご意見番」ソール・ベレンソンを演ずるマンディ・パティンキンがシリーズに加わった。
次に、ローラ・フレイザーが「ニック・ブロディの賢く強い妻」ジェシカ・ブロディの役を獲得した。
次にデミアン・ルイスとデヴィッド・ヘアウッドが、それぞれ、「8年間バグダッドで戦争捕虜として過ごした」ブロディ、「CIAの出世頭でキャリーの上司で、テロ対策センターの史上最年少の司令官」デイヴィッド・エスティースとして決まった。
ディエゴ・クラテンホフ、モーガン・セイラーとジャクソン・ペイスが、最後にメインキャストに加わった。クラッテンホフは「ブロディの親友で戦友で、ブロディの死を確信してから妻のジェシカと交際する」マイク・フェイバーを、セイラーは「ブロディの長女」デイナ・ブロディを、ペイスは「ニックとジェシカの甘えん坊で自己中心的な13歳の息子」クリス・ブロディを演じる。

その後、ショウタイムはローラ・フレイザーが降板し、モリーナ・バッカリンがジェシカ・ブロディの役に変更されたことを発表した。
後にジェイミー・シェリダン 、ナヴィッド・ネガーバン、アミール・アリソンとブリアナ・ブラウンは、定期的な脇役としてシリーズに参加したと発表された。シェリダンは副大統領役、ネガーバンは、アブ・ナジール役、アリソンはファリード・ビン・アブッド王子役、ブラウンはリンリード役を演ずる。

デヴィッド・マルシアーノ、ナヴィド・ネガーバン、ジェイミー・シェリダンは第2シーズンよりシリーズのメインキャストに昇格した。





シリーズは、ノースカロライナ州シャーロットとその周辺で撮影された。他の場所よりも優れた税制優遇措置があったためと、シリーズの舞台バージニア州とワシントンD.C.に最も適合しているからである。

シーズン2はまずイスラエルのテルアビブ で2012年5月に2週間撮影された。シーズンの残りの部分は、ノースカロライナ州シャーロット周辺で撮影された。

シーズン3では、さらにプエルトリコおよびモロッコが撮影場所として加わり、シーズン4ではケープタウンが加わった。




第1シーズンは28人の批評家から91/100のMetacritic評価を獲得し、幅広い称賛を受けた[31]。『TV Guide』は 2011年最高のテレビ番組と名付け[32]。ダミアン・ルイスとクレア・デインズによる演技を高く賞賛した[33]。Metacriticは、批評家年末トップ10リストを集約した結果、『HOMELAND』を主要なテレビ評論家が選んだ2011年の2番目に高い評価のテレビ番組と決定した。

『ワシントン・ポスト』のハンク・スチューヴァーはパイロットエピソードを「A-」スコアを付け、「『HOMELAND』が他の9.11以降のドラマより際立たせるものは、キャリー役デインズの輝く演技--紛れもなく今シーズンもっとも強い女主人公であり、パイロットエピソードの後半は爽快にさせるものであった。このドラマにはまってしまった」と述べた[35]。『ボストン・グローブ』のマシュー・ギルバートは、スコア「A」を与え、「今シーズンの気に入ったドラマのパイロットだった」と述べた[36]。『エンターテイメント・ウィークリー』のケン・タッカーは 「A-」スコアを付け、「秋のシーズンで最も魅力的で緊張したミステリードラマ」と述べた[37]。IGNテレビは、対テロ戦争について考えさせる「エース級のスリラー」と述べ肯定的に評価した[38]。第7話「過ちの週末」は、圧倒的な批評家の称賛を受けたため、 番組の製作者達やダミアン・ルイスをして「エポックメイキングな」エピソードと言わしめた。










posted by うちち at 12:56| Comment(0) | 日記

DAMAGES

<ウィキペディアより>

『ダメージ』はアメリカ合衆国のFXで2007年7月24日より放送されたテレビシリーズ。





グレン・クローズ、すばらしいです。 普段はシャイな方のようです。























テッド・ダンソン、最高でした。



テイト・ドノヴァンが ジェニファー・アニストンの元彼の一人だったとは・・・

















<ウィキペディアより>
シーズン1

ある朝ニューヨークにある高級マンションから下着にコートだけを羽織り、全身血まみれになった新人弁護士のエレン・パーソンズが現れる。その後、彼女は警察に保護されるが、自宅の浴室で婚約者デービッドが惨殺体となって発見される。 彼女がなぜ血まみれだったのか、なぜ婚約者が無惨な姿で殺されていたのか。そこで、物語は半年前へと遡る。

ロースクールを卒業したばかりのエレンは大物弁護士パティ・ヒューズの事務所、ヒューズ法律事務所に採用される。パティは資産家であるアーサー・フロビシャーを相手に巨額な賠償金が絡んだ集団訴訟の真っ最中だった。新人ながらその集団訴訟に抜擢されたエレン。めきめきと弁護士としての頭角を現す一方で、彼女を取り巻く状況や、この訴訟に関わる全ての人の人生が音を立てながら狂い始める。 信じられるものとは、真実とは、そして事件の真相とは。予測不能、無数の駆け引き、裏切りが交錯するなか物語は結末へと突き進んで行く。

シーズン2

パティのもとに過去の知人であるダニエルが突然助けを求め現れる。

大手エネルギー会社の不正をつかみ脅迫されていたダニエル。やがてダニエルの妻が殺され、パティは背後に潜む巨悪に挑んでいく。 一方、FBIはパティの違法行為を押さえるべく迫っていた。パティに命を狙われたと信じるエレンはFBIに協力。エレンはパティの破滅と婚約者殺害の黒幕フロビシャーへの復讐に執念を燃やす…。

posted by うちち at 12:54| Comment(0) | 日記

2014年09月15日

American Hustle

アメリカン・ハッスル
同監督の『ザ・ファイター』が深夜放映されていました。
なかなか素晴らしかったので、その後、『世界にひとつのプレイブック』も鑑賞。よかったです。
続けて「アメリカン・ハッスル」を、ワクワクして観たところ、予想以上に良かったので、ブログアップすることにしました。
アメリカの映画に少しがっかりしていた近頃でしたが、見方が変わりました。
監督と仲の良いというアレクサンダー・ペイン監督の「アバウト・シュミット」も大好きな作品です。
「アメリカン・ハッスル」は、ベン・アフレックが監督することになっていたらしいですが、デヴィッド・O・ラッセル監督で正解。審美眼のレベルが違うと思います。(アルゴは良かったですが。)

デヴィッド・O・ラッセル監督の「スリーキングス」もいつか観たい〜。
「おれたちニュースキャスター」総指揮をしたそうですが、レンタル屋さんにない〜。観たいのですが・・・。(だから、あんなに評判がいいのだろうか・・・。)





















(↓ウィキペディアより)
『アメリカン・ハッスル』(American Hustle)は、デヴィッド・O・ラッセル監督による2013年のアメリカ合衆国のドラマ映画。アメリカで起こった収賄事件「アブスキャム事件(英語版)」を基にラッセルとエリック・ウォーレン・シンガーが脚本を執筆した。出演はクリスチャン・ベール、ブラッドレイ・クーパー、エイミー・アダムス、ジェレミー・レナー、ジェニファー・ローレンスら。
元々「American Bullshit」と題されていたエリック・ウォーレン・シンガーのこの脚本は、2010年にブラックリストで8位となっていた。ソニー・ピクチャーズは当初、監督にはベン・アフレックを構想していたが、最終的にデヴィッド・O・ラッセルと契約した。
デヴィッド・O・ラッセル(David O. Russell, 本名: David Owen Russell, 1958年8月20日 - )は、アメリカ合衆国・ニューヨーク出身の映画監督・脚本家・映画プロデューサー。
1999年の『スリー・キングス』ではジョージ・クルーニーを主演に迎え、湾岸戦争をテーマにした社会派作品を監督。全世界で1億ドル以上の興行収入を挙げ、経済的にも批評的にも成功した。2004年にはイラク戦争に関するドキュメンタリー『Soldiers Pay』も制作しており、この2作は後に再上映の予定が政治的すぎるとして中止された。
6年ぶりに公開された2010年の『ザ・ファイター』も1億ドル以上の興行収入を挙げ、アカデミー作品賞、監督賞を含む7部門にノミネート。クリスチャン・ベールとメリッサ・レオがオスカーを獲得した。
『世界にひとつのプレイブック』もアカデミー賞8部門にノミネートされ、ジェニファー・ローレンスが主演女優賞を受賞。ラッセルの息子がコネチカット州の特殊寄宿学校に通っていた経験が双極性障害を患う主人公のヒントになった。
2013年の『アメリカン・ハッスル』ではFBIを巻き込んだ実在の収賄事件を基に脚本を執筆。3作連続の監督賞や4つの演技部門賞すべてを含む最多10部門にノミネートされ、アカデミー賞の常連監督の地位を確かなものにした。
エピソード[編集]同世代の映画監督であるアレクサンダー・ペインやスパイク・ジョーンズと仲が良い。ジョーンズ監督作品『アダプテーション』にはラッセルが、ラッセル監督作品『スリー・キングス』にはジョーンズが出演している。2013年第86回アカデミー賞ではともに脚本賞にノミネートされてオスカーを争い、『her/世界でひとつの彼女』のスパイク・ジョーンズが制した。

posted by うちち at 18:11| Comment(0) | 日記