2017年08月06日

Me Before You

邦題「世界一キライなあなたに」
原作訳書 ジョジョ・モイーズ 『ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日』
2016年に製作・公開されたアメリカ・イギリス合作映画。
自殺幇助・安楽死を扱った作品です。
主演のエミリア・クラークがとてもいいです。
ターミネーターやゲームオブスローンズの印象と違っていて、個人的には、この作品の彼女が一番好きです。




↑思いがけなくブレンダンコイル(ダウントンのベイツ役)が、お父さん役でテンションUP!!

↑思いがけなくマシュールイス(ハリーポッターのネヴィルロングボトム役)が彼氏役でテンションUP!!

字幕付きの映画は見ない…という発言や、ウィルフェレルの映画を見に行くシーンがあったり笑えます。





自殺幇助・安楽死を扱った作品で、思い出される作品といえば・・・
フランスの「母の身終い」Quelques heures de printemps(エレーヌ・ヴァンサン、ヴァンサン・ランドン)です。↓




posted by うちち at 10:11| Comment(1) | 日記