2017年07月31日

Ex Machina


監督のアレックス・ガーランドは、2002年、ダニー・ボイル監督のホラー映画『28日後...』の脚本を手がけたそうで・・・『28日後...』は、最近偶然みたSFホラー映画で、なかなか良かった作品です。キリアン・マーフィが美しいし(白鯨の戦いでは随分歳とっていた。)、ナオミ・ハリス(今年のアカデミー助演女優賞受賞で、今話題の女優さん)が、素敵でした。

わたしを離さないで Never Let Me Go (2010年) - 脚本・製作総指揮 じゃないですか!!
なるほど〜。素晴らしい。

ドーナル・グリーソンDomhnall Gleeson も、よく活躍していますね〜。

オスカー・アイザック Oscar Isaac って、スターウォーズのポー・ダメロンなんですね。
ひげもじゃでわからなかった。あ〜本作品の後で、ポー・ダメロンになったのですね。どちらも2015年。
ちなみに「最後のジェダイ」でも、またポーダメロンが出てくるそうですね。
ちなみにローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリーのチアルート・イムウェ役の ドニー・イェンが良かったです。
オスカー・アイザックですが、インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌 を 見ていないので見たいです。コーエン兄弟の作品で、色々な賞を受賞しています。

話を戻して・・・エクスマキナを見ていると、結構年取ってる人しかわからない、スタートレックだとか引用した会話(まあ、最近でもスタートレックの映画公開されていますが。)や、刺身が出てきたりするし(わざわざ山の中で刺身を食べたいと思うんですね。まぐろのようでした。)・・・監督や脚本は何歳くらいなんだろうと思ったのですが・・・大体、私と同じ年代でした。立派な中年です。でももっと年上の製作陣かと思いました。

<↓ウィキペディアより>
『エクス・マキナ』(原題: Ex Machina、別題: ex_machina)は、アレックス・ガーランドの監督・脚本による2015年のイギリスのSFスリラー映画。ガーランドの監督デビュー作であり、第88回アカデミー賞視覚効果賞受賞作品。
撮影は2013年の夏から、パインウッド・スタジオで4週間、ノルウェーのホテルで2週間行われた。全編ソニー製の4KデジタルビデオカメラF65で撮影された。パインウッドスタジオでの撮影では、蛍光灯の代わりに15,000個のタングステン豆電球を用いることで独特の作風を生み出すことにつながった。
米タイム誌は、本作を「2015年の映画トップ10」の第10位に挙げている。

「エクス・マキナ」はラテン語。意味は「a god from the Machine」=「機械仕掛けの神」だそうです。

主な3人の登場人物の名前は聖書からの引用。役柄もそのままだそうです。Ava:エヴァはヘブライ語で「命」または「生きるもの」を意味し、旧約聖書に登場する人類最初の女性イヴに由来。Nathan:ネイサンは旧約聖書、ソロモンとダビデ王の時代に活躍した預言者の名前。Caleb :ケイレブは、約束の地を評価するためにモーゼによって送られたスパイの名前。

舞台となる大自然の中の建造物はノルウェイに実在するホテルで・・・ジュヴェット・ランドスケープホテル / Juvet Landscape Hotel というホテルだそうです。

大自然となモダン・デザインを大胆に融合させた、溜め息が出るほど美しい建築で、この映画の重要な脇役。SF映画特有の未来世界の風景や、警備厳重な巨大ラボなどではなく、太古から続く雄大な滝や深い森、青い色味の巨大な氷河の中の出来事の方が、地球の長い歴史の中のとても短い人類の隆盛期間を意識できるという意味において、大変効果的な仕掛けといえます。ストイックでミニマル。

<引用おわり>

ケイレブも実はAIなのではないか、と想像がふくらみます。



















posted by うちち at 10:48| Comment(0) | 日記