2011年09月15日

cypher

カンパニーマン

ジェレミー・ノーザム う〜ん。いい。
ルーシー・リュー
ヴィンチェンゾ・ナタリ監督

こういうの、いいです。

極限までハイテク化された近未来を舞台にしたサスペンス・ドラマ。
平凡な一人の男が産業スパイとなるが、知らぬ間に巨大な陰謀に巻き込まれていく様をスリリングに描く。
監督は「CUBE」のヴィンチェンゾ・ナタリ。
斬新な映像技術を駆使した緊迫感のあるダークな社会の中で複雑なストーリーを展開させる。

結婚にも仕事にも行き詰まった平凡な会社員モーガン・サリバンはついに会社を辞め、刺激を求めてハイテク企業デジコープ社の産業スパイとなる。
彼はジャック・サースビーという名と偽のIDを与えられ、早速ある企業のコンベンションに潜入、情報盗聴を開始する。
モーガンはかつてないスリルとサスペンスに興奮を覚え、任務を成功させるたびに自信を付けていった。
しかし同時に、激しい頭痛と奇妙な映像のフラッシュバックに度々見舞われるようになる。
そんな時、謎めいた女性リタが現われ、モーガンに驚くべき事実を伝えるのだったが…。










posted by うちち at 18:45| Comment(0) | 日記