2018年11月10日

「Sing Street」「Er ist wieder da」

シング・ストリート 未来へのうた

(↓ウィキペディアより) 
2016年に公開されたアイルランドの音楽映画・コメディドラマ。脚本・制作・監督はジョン・カーニー John Carney が務めた。
出演は、フェルディア・ウォルシュ=ピーロ、ルーシー・ボイントン、ジャック・レイナー、マリア・ドイル・ケネディほか。
1985年のダブリンを舞台に、不景気や転校でどん底にいた男子高校生の人生が、一目惚れした女の子の気を引くためバンドを結成することで変化していく様子を描く。

ジョン・カーニー監督は、アイルランドのダブリン生まれ。
アイリッシュ・ロックグループのThe Framesで1991年から1993年の間、ベースを担当し、バンドのライブ映像、PVの監督も務めた。その後、『SHINKING STAR』、『HOTEL』と2本の短編映画の監督・製作・脚本を担当。
1996年に『November Afternoon』で長篇映画監督としてデビューを果たす。
2001年に発表した『On the Edge』(キリアン・マーフィー主演、日本未公開)はアイルランド国外でも上映され、大きな注目を浴びる。
2007年に発表した『ONCE ダブリンの街角で』は低予算で製作されたが、アメリカの映画館各館の平均興行収入を越えるほどの好評を得て、2007年度のインディペンデント・スピリット賞の外国映画賞を受賞した。

(参照おわり)

劇中でバンドが演奏する曲がどれも秀逸です。ゲイリー・クラークが作詞作曲を担当。
80年代がとても楽しい。若い子も、私のような「80年代洋楽ファンおばさん」も楽しめる作品。

↓主人公のお兄ちゃんが「音楽の師匠」。大学中退でひきこもりのブライアン(ジャック・レイナー)

↑ジャック・レイナーは、「トランスフォーマー/ロストエイジ」に出演しているそう。
うちの息子ならわかるかもな。


マリア・ドイル・ケネディといえば、私にとっては THE TUDORS〜背徳の王冠 です。ちょっとふっくらしたでしょうか。







↓ 右の子が、ウサギの世話をせっせとする 引きこもりがちのエイモン(マーク・マッケンナ)。音楽に詳しい。

うちの息子がひきこもりがちになってきたものですから、こういうキャラクター(お兄ちゃん、ウサギの子)が出ると、グッと感動します。息子もいろいろ悩みがあると思うけど、輝かしい未来が待ってるよ〜。



うちの息子がひきこもりと書きましたが・・・それなのに、クラスの女の子によばれて、ショッピングセンターで会ったらしい。ひきこもりなのかよくわかりません。



























帰ってきたヒトラー(原題:彼が帰ってきた)

(↓ウィキペディアより) 
原題:Er ist wieder da 「彼が帰ってきた」)は、ティムール・ヴェルメシュが2012年に発表した風刺小説。
現代のドイツに蘇ったアドルフ・ヒトラーが巻き起こす騒動を描く。ドイツではベストセラーになり、映画化

(参照おわり)

どうなっていくのか、ハラハラさせられる秀逸なストーリー。見事です。



↑あらまあ、ナイスな感じ。オリヴァー・マスッチ
ウッディーハレルソンをもう少しイケメンにしたような方ですね。
ウッディーハレルソンといえば、息子につきあってみた「ヴェノム」「ハン・ソロ」にも出演していました。
















posted by うちち at 14:26| Comment(0) | 日記

2018年04月20日

「Under sandet」 「Raid dingue」

Land of mine
ヒトラーの忘れ物

マーチン・サントフリート監督による2015年のデンマーク・ドイツの歴史ドラマ映画。第40回トロント国際映画祭のプラットフォーム部門でプレミア上映された。第89回アカデミー賞外国語映画賞にはデンマーク代表として出品されている。
映画は史実に触発されており、第二次世界大戦後のデンマークに地雷撤去のために送られたドイツ兵が描かれる。地雷撤去を強要された2000人以上のドイツ兵のうち約半数が命を落としたり手足を失ったといわれている。
1945年5月のドイツ降伏後、若いドイツ兵の戦争捕虜の集団がデンマーク当局に引き渡され、ナチス・ドイツが砂の中に埋めた200万以上の地雷を撤去するために西海岸へと派遣される。これは戦争捕虜の強制労働を禁じるジュネーヴ条約に違反する命令であった。少年兵たちはデンマークのカール・レオポルド・ラスムスン軍曹の指揮の下、危険な作業に身を投じる。 (ウィキペディアより)

これぞ映画!

デンマークのアカデミー賞にあたるロバート賞で作品賞や監督賞含む6部門を独占。さらに第28回東京国際映画祭で最優秀男優賞を受賞するなど、世界各地で絶賛を博したヒューマン・ドラマ。

それよりも評価されたのは(第89回アカデミー賞外国語映画賞に選ばれた)、イランの「セールスマン」。
そちらも気になります。
え!? 今ならプライムで、100円で観れるらしい。時間があれば・・・ぜひ見たい

















Raid dingue フランス特殊部隊RAID
2016年のフランス・ベルギーのコメディ映画。 監督・脚本・出演はダニー・ブーン、その他の出演はアリス・ポル、ミシェル・ブランなど。 フランス警察特殊部隊(RAID)に入隊した女性が巻き起こす騒動と彼女の意外な活躍を描いたアクションコメディで、本国フランスでは国産映画第1位のヒットを記録している。

2016年12月19日にフランス北部パ=ド=カレー県リエヴァンでプレミア上映された後、2017年2月1日にフランス国内で一般公開された。 日本では劇場未公開だが、2018年4月5日にWOWOWで放送された。
(ウィキぺディアより)
あ〜面白かった。








posted by うちち at 16:30| Comment(0) | 日記

2018年04月18日

La Strada


1954年製作公開のイタリア映画。
フェデリコ・フェリーニ監督作品で、1956年のアカデミー外国語映画賞を受賞。
自他共に認めるフェリーニの代表作の一つ。フェリーニの作品の中では最後のネオリアリズム映画といわれる。
旅芸人のザンパノは芸の手伝いをする女が死んでしまったため、その姉妹のジェルソミーナをタダ同然で買い取った。粗野で暴力を振るうザンパノと、頭が弱いが心の素直なジェルソミーナは一緒に旅に出る。(ウィキペディアより)

なぜグッとくるんだろう・・・







posted by うちち at 19:59| Comment(0) | 日記

2018年04月17日

En man som heter Ove

幸せなひとりぼっち

2015年のスウェーデンのコメディドラマ映画。 妻を亡くし、職も失って生きる希望をなくした59歳の偏屈で孤独な男が近所に越してきたイラン人女性とその家族との交流を通じて再生していく姿をユーモアを交えて描いている。 フレドリック・バックマンの2012年の同名小説を原作としたハンネス・ホルム監督作品で、出演はロルフ・ラッスゴードとバハール・パルスなど。
第89回アカデミー賞では外国語映画賞とメイクアップ&ヘアスタイリング賞にノミネートされた。










↓またこの若い頃の二人が愛らしい。





posted by うちち at 17:06| Comment(0) | 日記

2018年04月15日

Coco

リメンバーミー
ピクサー・アニメーション・スタジオ製作によるアメリカ合衆国のコンピュータアニメーション・ファンタジー・アドベンチャー映画。全米で2017年11月22日、日本で2018年3月16日公開。(ウィキぺディアより)

少年、すばらしい歌声でした・・・









posted by うちち at 16:52| Comment(0) | 日記